鬼嫁の実態、対処法とは

キャンタマブログのタイトルは、

「ナースマンと鬼嫁の日常」

というタイトル通り、我が家の妻は「鬼嫁」です。

看護師同士で結婚し、いつの間にか鬼嫁となっていました。

看護師は、男性からしたら

「結婚したいランキング」で常に上位の職業です、、、。

読者様

えっ?看護師さんて鬼嫁になるの?

「白衣の天使」じゃないの?

キャンタマ

看護師の中には
「白衣の天使」も実際にいらっしゃいます。

ですが、、、
そうとは限らないことも、、、。笑

この記事で解決する事

・鬼嫁の実態

・鬼嫁の対処法

皆さんにお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

目次

鬼嫁とは

<鬼嫁とは>
夫に対してキツイ性格の妻

というのが一番わかりやすいのではないでしょうか。

決して、キャンタマは浮気やギャンブル等で破産しているわけではなく、

ナースマンとして、せっせと働いております。

至って健全なナースマンです。

いつからでしょうか、

いつの間にかに鬼嫁と変貌していたんですよね。

キャンタマの妻は、看護師なんですが、

看護師=鬼嫁

になる可能性が高いように感じます。

キャンタマ

これは、
あくまでもキャンタマの個人的な見解です。
看護師の皆さん、申し訳ありません。

でも、やっぱり看護師という職業は、

ストレスが多いです。

ストレスを発散する場所は、必然的に自宅となるんでしょうね。

では、全国にどのくらいの看護師がいて、

どのくらいの鬼嫁予備軍がいるのでしょうか?

もう一度言いますが、

決して、全ての看護師=鬼嫁となるわけではないですよ。

中には、白衣の天使のような看護師さんもいらっしゃいます。

看護師とは

全国の看護師の数

厚生労働省の発表では、全国で働いている看護師の数は、

約122万人います。

毎年約3万人づつ程度増加傾向にあります。

医師は全国で約32万人が働いています。ですので、

およそ3倍くらいの人数が日々患者さんの看護を行なっています。

一見多いように思われますが、

看護師の人手不足は深刻な問題です。

高齢化社会において、2025年には医療のニーズはピークを迎え、

10万人前後の看護師が足らなくなります。

また、現場は疲弊しています。

疲弊→退職→看護師減少→現場はさらに疲弊→退職

の悪循環で、もしかしたらもっと看護師の数が足らなくなる可能性

も考えられます。

多くの方が看護師の仕事に興味を持って、

一緒に働いてくれるのをお待ちしております。

看護師の仕事は、大変ですがやりがいはありますよ。

全国のナースマンの人数

女性社会で働いているナースマンの数は、

一体どの程度なのかと申しますと、

約8%で10万人程度

になります。

少しずつ増加傾向ではありますが、

まだ1割程度です。

当院でも、各病棟に1人いるかいないかです。

できれば、1:1になってくれると、

ナースマンも職場での居心地がよくなると思うのですが、、、。

でも、そんな男臭い看護師の職場も嫌ですかね、、、。

ナースマンの特徴

皆さんが思うナースマンってどのようなイメージですか?

このブログを見ている方の多くは、看護師もしくは看護学生だと思います。

その方々からすると

・弱々しい
・ウジウジしててはっきり意見を言わない
・女々しい

などなど、マイナスな意見が多いのではないでしょうか?

でも、よーく考えてください。

ナースマンは結婚相手には最適だと思います。

それはなぜか、、、

・就職先に困らない
・優しい人が比較的に多い
・子育ても得意
・空気を読んで、家庭は平和
・夫として扱いやすい

こんなに利点があるんです。

なんたって、看護師なんて就職先なんかいくらでもあるし、

とにかく比較的に優しい人が多いです。

患者さんに接するように、家族でも優しいと思います。

そして、看護師なので、観察力もあります。

嫁の声のトーンや表情、言動から危険を察知すると、

サーと引いて、荒波を立てないので家庭は平和です。

キャンタマ家でもキャンタマは反抗せず、嫁の指示を守ります。

なので、奥さんになられた方は、夫の扱いは楽だと思いますよ。

ナースマン=優良物件(良い結婚相手)

ナースマンの結婚相手

では、ナースマンの結婚相手にはどのような方がなるのか。

圧倒的に

ナースマンの結婚相手=看護師

ですね。

これは、学生の頃から付き合って、そのまま結婚する場合や、

職場で苦楽を共にし、いつの間にかお付き合いしている

などなど、とにかく出会いとしては、看護師が多いので、

必然的に嫁=看護師となります。

キャンタマの病院でも、

9割のナースマンは看護師と結婚しています。

ナースマンの皆さんも色々とご苦労されています。

キャンタマの鬼嫁やナースマンの嫁さんもきっと言い分があると思いますが、、、。

我が家の鬼嫁の背景

我が家の鬼嫁について情報開示を行います。

鬼嫁情報

・推定年齢→40代前半

・職業→看護師(パート)

・趣味→美容・健康用品買いあさり

・性格→よく喋る、怒ると恐ろしい、すぐ怒鳴る

・クセ→すぐに指示を出したがる

こんな感じでしょうか。

出会いは、新人看護師としてキャンタマが所属した部署に

ちょうど鬼嫁も移動してきました。

経験年数も10歳位上の嫁は、とてもしっかりしているように見えました。

お互いに新しい職場で、勉強することも多く、

いつの間にか一緒に勉強したりしているうちに、お付き合いしておりました。

でも、皆さん考えられますか?

この経験差でお付き合いするキャンタマの度胸を、、、。

あの時のキャンタマに伝えたい、、、、

キャンタマ

「鬼嫁化するんだよ。そのお方はと、、、。」

同棲しているうちは、わからなかったんですが、

徐々に本領を発揮して、今では鬼嫁となりましたね。

指示書とは

看護師あるあるですが、

看護師は、指示を出すのが大好きです。

医療現場においては、基本的には医師が指示を出して、

その指示に従って、看護師が薬剤投与などを行うのですが、

現場では、

看護師

・「〇〇さんの点滴オーダーないので指示出して下さい」
・「〇〇さんの定期内服明日で切れますが、そのまま終了でいいんです
  か。続行だったら指示下さい」

などと、医師に指示を出しています。

本来は逆なんですけどね、、、。

職場の癖なのか、定かではないですが、

自宅でもすぐ夫に指示を出してくるんですよね。

買い出し指示書

最近は、便利な世の中となりましたね。

昔は、メールが主な連絡手段でしたが、

最近はLINEが主の連絡ツールですね。

仕事終わりは必ず嫁からLINEが入っております。

・パンがないけど
・米がないけど
・牛乳がないけど

こんな買い出しの指示LINEが日勤終わりには必ず来ます。

でも、キャンタマは認定看護師なので業務後の勉強会や、

各部署との調整等で、なかなか定時に帰れないのが現状です。

でも開いてるスーパーによって買って帰るも、

「遅い。今日はなんもないから。」と、、、。

ご飯は何もない状態が多く、今日も自分でご飯作って食べました。

まぁ共働きなので、仕方ないことですけどね。

家事や子供の塾の送り迎え指示書

勤務が出た際は、

必ず勤務表を鬼嫁に対して報告義務が発生します。

共働きだから当然なんですが、

容赦無く、深夜明けや休みの日に、

・庭の草がボーボーだけど
・トイレが汚いんだけど
・この日の子供のプールの日だから

などなど、様々な雑務が指示されます。

なんかキャンタマが指示待ちの看護師みたいになってますが、

なんたって指示が多いんですよ。

指示をこなすので精一杯です。

自分はリビングでゴロゴロして、韓流ドラマを見て

キャンタマに指示を出します。

看護師は指示を出すのが大好きなんですよね、、、。

鬼嫁の対処法

とにかく逆らわず、指示を受ける

鬼嫁の対処は、上記がベストです。

様々な鬼嫁のパターンがあると思いますが、

すでに鬼嫁化した場合は、時すでに遅しです。

逆らえば、倍返しになって帰ってきます。

キャンタマ

家庭を円満にするのであれば、空気を読む事が大切

具体的なアドバイスができればいんですが、

鬼嫁化するまでに対処できなかった、我々の負けです、、、。

また、指示を出すという事は、

鬼嫁はあることに優れてます。

その優れていることとは?

気になる方は下記の記事でご確認下さい。

まとめ

キャンタマからナースマンにアドバイスです。

鬼嫁になるかならないかは、自分次第です。

皆さんは、キャンタマみたいにならないように、

結婚当初から、互いを尊重し合い、

より良い夫婦関係を気づいて下さいね。

女性の看護師、看護学生の皆さん、

ナースマンは優良物件です。

結婚後の旦那の扱いは簡単ですからおすすめです!

また、キャンタマと鬼嫁の出会いや、

職場内恋愛を秘策を知りたい方は、

下記の関連記事から覗いてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる