【プロフィール】キャンタマという人物は?

こんにちは。この度、ブログを開設いたしましたキャンタマです。

キャンタマは、地域の中核病院でナースマンとして働いています。

このブログでは、ナースマンとしての日々の苦悩や、鬼嫁との日常を投稿していきたいと思っています。

ただし、これではただの愚痴ブログになってしまうので、

看護師を目指している方や看護学生の方看護師として働いている方認定看護師を目指している方、へ有益な情報を伝えられるようにしていきたいと思っています。

それでは、まずはキャンタマの自己紹介から

スポンサーリンク

目次

キャンタマという人

「キャンタマ」
【プロフィール】キャンタマ

【年齢】
・30代のおじさん

【職業】
・看護師

【資格】
・クリティカルケア領域の認定看護師

【専門領域】
・クリティカル領域(サブスペシャリティー:PICS/PICS-F)
・慢性期領域も経験

【家族構成】
・鬼嫁、息子1人

【趣味】
・釣り

まぁ、日々の仕事に追われながら、家では鬼嫁に教育され、様々なストレスが溜まっているおじさんです。

なぜ、ナースマンになろうと思ったか?

それは、やっぱり人の役に立ちたいと思ったからですかね、、、。

まぁ、そのほかにも色々な理由はあります。

小さい頃に喘息で優しい看護師さんにお世話になった

中学校の職場体験で、おばあちゃんの足浴をしていたら、「優しい看護師さんになってね」と言われた

女性の職場で優しい人がいっぱいいると思った←後に人によることが判明、、、

女性の職場で綺麗な人がいっぱいいると思った

最後の理由は、非常に不純な同期ですが、、、

こんな理由から、中学生にして女性社会の大奥である看護師になろうと思いました。

でも、理想と現実はかけ離れていますよね…。笑

ナースマンには、ナースマンしかわからない苦悩の日々が待っているのです。

これについては、今後に色々と語っていきたいと思います。

鬼嫁との出会い

「鬼嫁との出会い」

新人ナースマンになってから職場に配属となり、鬼嫁と出会いました。出会った頃は、それはそれは優しかった、、、。

鬼嫁は、僕より8年も先輩看護師でした。テキパキと仕事をこなし、患者さんにも優しく声をかけ、そんな妻に出会い、お付き合いをして、いつの間にか同棲して、結婚していました。

そんな鬼嫁も、初めは優しかった、、、初めは、、、。年が離れていることもあり、収入にも格差を生み、いつの間にかに鬼嫁化してしまいました、、、。でも鬼嫁と言いても、優しい時もあるんです。多分、、、。

ナースマンを目指していた僕に伝えたい!

看護師さんは、全ての人が優しい!訳ではない、、、。笑

働いている看護師の皆様がみていたら、すいません。

最後に

このブログが、僕にとって癒しの場、そして、読者の方に有益な情報が提供できるように、これから作り上げていこうと思います。

キャンタマ

『ナースマンと鬼嫁の日常』をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる