【鬼嫁とのLINE事情】そのLINEに愛はあるか?

昨今の夫婦のコミュニケーションツールとして活躍しているのが、

「LINE」です。

多くの夫婦がこのLINEを

コミュニケーションツールとして活用しているのではないでしょうか?

夫婦間のLINEのやりとりには、様々な形があります。

・絵文字満載のやりとり
・スタンプでのやりとり
・短い分で素っ気ないやりとり

などなど、夫婦によって様々な形があるのではないでしょうか?

今回の記事で分かること

・鬼嫁からのLINEってどんなんなの?

・鬼嫁とのLINE方法の秘訣とは?

こんな疑問にお答えする内容になっています。

LINEに関する夫婦のコミュニケーション方法は様々ですが、

そんな方法もあるんだな〜と見ていただき、

夫婦のコミュニケーションに役立てていただければ幸いです。

*この記事は3分程度で読む事ができます。

スポンサーリンク

目次

鬼嫁との1日のLINE件数

皆さんは、奥さんからのLINE件数って1日でどのくらいですか?

1日で2回くらい?それとも5回前後?

用事がなければ、LINEをしない日もあるのではないでしょうか?

キャンタマの鬼嫁の場合、、、

キャンタマ

平均して1日で

10件くらいあるんですよ、、、
この件数が多いか少ないかは、
皆さんの日頃の夫婦でのLINE件数と
比較していただければと思います、、、

その時の伝える内容によって、

LINE内容は様々だとは思いますが、

鬼嫁であるキャンタマの妻からくるLINEの一部をご紹介いたします。

LINE内容

鬼嫁からのLINE内容は大きく分けて、

・「指示」
・「鬼嫁の思い」
・「連絡事項」

の3つに分かれます。

その内容を1つずつご紹介いたします。

指示

指示とは文字通り「指示=命令」です、、、。

では、実際にどのような内容の「命令」があるかというと、、、

鬼嫁

・お風呂の排水溝を掃除しなさい。
・庭の草抜きをしときなさい。
・お風呂掃除をしなさい。
・私がdtv観るからログアウトしなさい。
・イカとエビの下処理をしときなさい。
・洗濯物が溜まっているから洗濯しときなさい。
・今日はピザの気分だから買ってきなさい。
・スタットレスタイヤに変えておいて。

キャンタマ

いや、、、私もやることが、、、

いえ、、、。承知しました、、、。

(私の意見はどこへ、、、。)

キャンタマの鬼嫁の場合は、、、

基本的に指示に対しての反論は認められません、、、。

反論すると何かにつけて怒られます、、、。

基本的に私の意見に聞く耳を持ちません、、、。

鬼嫁の思い

「鬼嫁の思い」とは、いわゆる、、、愚痴ですね、、、。

キャンタマが仕事をしている時でも、

夜勤のために寝ている時も、

一切関係なくLINEがきます、、、。

鬼嫁

・〇〇(息子)が言うこと聞かないんだけど!
・今日から5連勤なんだけど!
・なんでビニール袋もらうの?お金かかるじゃない!
・マクドナルドめちゃくちゃ混んでるんだけど!
・〇〇(息子)がYouTubeばっかり見てるんだけど!

キャンタマ

あ、、、。そうなんですか、、、。

(知らんがな、、、。そんなこと、、、。)

まあ、息子のことは子育てなので、父親のキャンタマも

どうにかしないといけないとは思います。

ですが、

夜勤のために昼間寝ている際に、

LINEの音で起こされ、

「マクドナルドがめちゃくちゃ混んでるんだけど!」

って言われても、

「、、、。知らんがな!」ってついつい思っちゃうんですよね、、、。

連絡事項

「連絡事項」は、指示と似ているんですが、業務的な内容ですね、、、。

鬼嫁

・この日は習い事の日です。
・学校の面談があるからよろしく。
・地域の交通安全の見守りがあるからよろしく。
・通販で化粧水買ったから振り込みしといて。
・カードは今月〇〇円使ったから、引き落としよろしく。
・〇〇賞味期限が近いから、食べといて。

キャンタマ

承知いたしました、、、。

(でも、、、その日は私も久しぶりのお休みなんですが、、、。)

基本的にキャンタマの勤務表が発表された際は、

勤務表の開示を求めてきます、、、。

それに合わせて、キャンタマの気持ちなど関係なく、

次々と予定をぶっ込んできます、、、。

基本的に私の予定は、二の次ですね、、、。

既読スルー=了解!

まぁともあれ、、、鬼嫁からのLINEは1日に

多い時で、数十件来るんですよ、、、。

鬼嫁の言語化能力の高さが伺えますね、、、。

鬼嫁の事がもっと知りたいという方は、関連記事からご覧ください。

ここで少しの疑問として、、、

読者様

・数多くのLINEにいちいち返信なんかしているのか、、、?
・何回もLINEするのってめんどくさくないの?

があると思いますが、、、

鬼嫁はその辺はちょっと変わってて、

キャンタマ

基本的に、
既読スルーに関しては、何も言いません、、、。
その代わり、
既読スルー=了解!
との認識になっています、、、。

なので、基本的に既読スルーでも良いんですが、

了承しない場合は、その理由をLINEで述べないと、

鬼嫁

・LINEで言ったよね!なんでやってないの?
・なんで〇〇(息子)に注意してくれないの?
・今日休みなんでしょ?なんで(習い事)連れて行かないの?
・引き落としできてないって連絡きたけど、どうなってるの?

激怒いたします。

鬼嫁とキャンタマの間では、

既読スルー=了解!の合図、、、。

夫婦間でLINEの決め事をする

ってことも大切だと思います。

鬼嫁からのLINEに愛はあるのか?

鬼嫁からのLINEに愛があるのか?という問いは、、、

キャンタマ

正直、、、わかりません、、、。
鬼嫁に聞いてみたいが、

「はぁ?何言ってんの?」と言われそうで、
怖くて聞けません、、、。

ですが、少なくとも、私たち夫婦の間に、

LINE=夫婦のコミュニケーション方法

の1つになっているのだと思います。

まぁ、LINEだけでなく、自宅でも

聞いてもいないのに、マシンガントークをかましてくるんですけどね、、、。

まとめ

今回は、鬼嫁とのLINEについて皆様にご紹介いたしました。

夫婦のコミュニケーションって様々な方法がありますが、

LINE回数=良好な夫婦関係が築ける

というものではないとおもいますが、、、

LINEのやりとりも夫婦のコミュニケーション方法の1つ

だと思います。

その中で、互いにすれ違いが生じないためにも、

「共通認識を持つ事が大切なのだと思います、、、。

でも、やっぱり1番のコミュニケーション方法は、

互いの表情がわかるコミュニケーション方法だと思いますが、、、

鬼嫁の表情を見ながらのコミュニケーションは、

ちょっと緊張しちゃうかも、、、。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる